Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールをサーバ上で削除するフリーウェア - ニュースビット

ニュースビットは、POP3サーバから指定したメールだけを直接削除するソフト「BitDelete」の無料配布を開始した。同社のウェブサイトおよびVectorなどのダウンロードサイトにて提供される。

同ソフトは、必要なメールはサーバに残し、迷惑メールなどの不要なメールだけを削除するもの。ヘッダーだけを受信して送信者や件名、日付、メール形式、文字識別コードなどを表示するため、それらの情報で判断して、迷惑メールや不要なメールを一気に削除することができる。

本文表示機能もあるため、ヘッダーの情報だけでは削除の判断がつかない場合でも、メール形式がtext/plainであれば、本文を表示して内容を確認することができる。なお、同ソフトを利用するには、同社からのメールを受信する必要がある。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も