Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺メールは1日平均450万通 - シマンテックレポート

シマンテックは、「インターネットセキュリティ脅威レポート」を公開した。同レポートは、2004年下半期に世界180カ国に配備した2万以上のセンサーが検知したインターネット上の脅威を分析、まとめたもの。レポートは半期に一度公開している。

同レポートによれば、フィッシングメールの割合は、1日平均100万通から450万通に増加。この450万通は、処理されるメール全体の0.6パーセントにあたるという。さらに、ピーク時には、週におよそ900万通のフィッシングメールが確認された。

また、同期間にシマンテックが提供しているスパムおよび詐欺メール対策のフィルタによりブロックしたフィッシング攻撃の形跡は、週平均3300万回と同年上半期の900万回から大幅に増加したという。同社では、フィッシング詐欺の脅威があまり指摘されていなかった2年前と比較すると飛躍的に増加したと結論付けている。

同社ではフィッシングの被害に遭わないよう、あらかじめサービスの規約をよく読んで、アカウント情報やパスワードを更新する際に各企業がどのような連絡方法を採用しているか確認するよう訴えている。また、URLを直接入力したり、SSL証明書などを確認することが重要だとしている。

(Security NEXT - 2005/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬