Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac向け暗号化ソフトが登場 - 消去機能も搭載

フロントラインは、米SubRosaSoft.comのMac向けセキュリティツール「サイファーワークス 4」を9月2日に発売する。

同製品は、ファイルやフォルダはもちろん、ディスクやUSBメモリの暗号化機能を備えたソフトウェア。暗号化方式は256ビットのAESを採用している。また、空き領域やデバイス、ファイルなどの消去機能を搭載した。

(Security NEXT - 2005/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク