Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、7月の届出状況を発表 - スパイウェアによる被害が発生

情報処理推進機構(IPA)は、2005年7月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同発表によれば、ウイルスの検出数は約379万個と、6月の約385万個から1.7%の減少となった。また、届出件数は4536件となり、6月の4928件から8.0%の減少となった。そのうち、「W32/Netsky」の検出数は総検出数の75%を占める約284万個で、17カ月連続でトップとなった。続いて、「W32/Mytob」約80万個、「W32/Bagle」約5万個、「W32/Lovgate」約4万個となった。

また、ウイルスばかりでなく、パソコン内の情報を収集して外部に送信するスパイウェアが出回っており、金銭的被害も発生している。被害報告が寄せられているおもなスパイウェアとしては、オンラインゲームへのログインID、パスワードを収集し外部に送信する「Trojan/Lineage」や、メールアドレスを取得し外部に送信する「Trojan/Myftu」などが挙げられる。

特に「Trojan/Myftu」は、アダルトサイトなどで画像をクリックすることでパソコンにダウンロードされ、メールアドレスが収集される。さらに収集されたアドレスが、振り込め詐欺に利用されるケースも確認されているという。

不正アクセスの届出件数は53件で、そのうち被害のあった件数は10件だった。届出件数は、6月から倍増している。被害の内訳は、侵入3件、メール不正中継1件、DoS2件、アドレス詐称1件、その他3件だった。

(Security NEXT - 2005/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円