Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、7月の届出状況を発表 - スパイウェアによる被害が発生

情報処理推進機構(IPA)は、2005年7月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同発表によれば、ウイルスの検出数は約379万個と、6月の約385万個から1.7%の減少となった。また、届出件数は4536件となり、6月の4928件から8.0%の減少となった。そのうち、「W32/Netsky」の検出数は総検出数の75%を占める約284万個で、17カ月連続でトップとなった。続いて、「W32/Mytob」約80万個、「W32/Bagle」約5万個、「W32/Lovgate」約4万個となった。

また、ウイルスばかりでなく、パソコン内の情報を収集して外部に送信するスパイウェアが出回っており、金銭的被害も発生している。被害報告が寄せられているおもなスパイウェアとしては、オンラインゲームへのログインID、パスワードを収集し外部に送信する「Trojan/Lineage」や、メールアドレスを取得し外部に送信する「Trojan/Myftu」などが挙げられる。

特に「Trojan/Myftu」は、アダルトサイトなどで画像をクリックすることでパソコンにダウンロードされ、メールアドレスが収集される。さらに収集されたアドレスが、振り込め詐欺に利用されるケースも確認されているという。

不正アクセスの届出件数は53件で、そのうち被害のあった件数は10件だった。届出件数は、6月から倍増している。被害の内訳は、侵入3件、メール不正中継1件、DoS2件、アドレス詐称1件、その他3件だった。

(Security NEXT - 2005/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市