Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxサーバはセキュリティ対策不足 - ソフォスが警告

ソフォスは、企業や自治体におけるLinuxサーバの導入状況やウイルス対策ソフトの導入状況について調査結果をまとめ、発表した。

調査は、同社が矢野経済研究所に委託、年商30億円以上の企業や都道府県庁、市区の自治体を対象に調査したもの。

調査によれば、Linuxサーバの導入台数は約4万台で全サーバー数の約5%を占めるという。一方、Linuxサーバーにおけるウイルス対策ソフトの導入台数は、わずか約1万台であり、残り75%は未対策であることがわかった。

また、Linuxサーバは、ウェブサーバやメールサーバといった用途が多く、データベース、ファイルサーバ、プリントサーバなど含めると全Linuxサーバーの約60%を占めていた。同社では、これらサーバがウイルスなどを拡散する原因にもなりかねないとして、セキュリティ対策を施すよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市