Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxサーバはセキュリティ対策不足 - ソフォスが警告

ソフォスは、企業や自治体におけるLinuxサーバの導入状況やウイルス対策ソフトの導入状況について調査結果をまとめ、発表した。

調査は、同社が矢野経済研究所に委託、年商30億円以上の企業や都道府県庁、市区の自治体を対象に調査したもの。

調査によれば、Linuxサーバの導入台数は約4万台で全サーバー数の約5%を占めるという。一方、Linuxサーバーにおけるウイルス対策ソフトの導入台数は、わずか約1万台であり、残り75%は未対策であることがわかった。

また、Linuxサーバは、ウェブサーバやメールサーバといった用途が多く、データベース、ファイルサーバ、プリントサーバなど含めると全Linuxサーバーの約60%を占めていた。同社では、これらサーバがウイルスなどを拡散する原因にもなりかねないとして、セキュリティ対策を施すよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA