Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神航空、添乗員が顧客情報をツアー中に紛失

阪神電気鉄道は、同社航空営業部である阪神航空が2005年4月に実施したイタリア旅行の際、添乗員が盗難に遭い、参加者ら18名分の個人情報が記載された書類を紛失したと発表した。

同社によれば、イタリアを訪問するツアーを催行中、添乗員が鞄を盗まれたという。その中には、参加者および添乗員計18名分の氏名、生年月日、パスポート番号、電話番号、住所などの個人情報が記載された書類が入っていた。ただちにイタリア警察に盗難届を提出したが、7月19日時点では発見されていない。

同社では、参加者全員に口頭で現状況と事後対応について説明するとともに、書面により、不正使用の懸念事象が発生した際の連絡先を知らせたうえで謝罪した。また、ツアー催行中の個人情報の携行方法について規定して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性