Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社員の健保関連情報を紛失 - 中部電力

中部電力は、従業員の個人情報が含まれる書類を紛失したと発表した。

紛失した書類は、同社健康保険組合において、各従業員に対して扶養家族の現状を確認するために利用された書類。書類の配布や回収同社が担当し、社内便を用いて6月初旬に各職場へ書類の送付していた。6月末の提出期限になっても届かないことから、紛失が判明したという。

健康保険扶養家族の状況確認書18枚の所在が不明で、同書類には、被保険者の氏名や被保険者証番号、住所、被扶養者氏名 被扶養者の続柄、被扶養者の年齢などが記載されていたという。

同社では、1週間ほど職場などの探索を実施したが、発見できず、警察へ遺失届を提出したという。

(Security NEXT - 2005/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を