Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、6月のウイルス検知状況を発表 - トロイの木馬がトップ10の主流

マカフィーは、2005年6月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、検知企業数および検知マシン数で、先月に引き続き脆弱点を狙うトロイの木馬がトップ10の主流を占めた。また、「Netsky」も2種がトップ10入りしている。

企業数、マシン数ともにトップの「bo:heap」はウイルスではなく、ヒープメモリーのバッファオーバーフローを引き起こす脆弱性。同社では、Microsoftのパッチ情報をこまめにチェックして、パッチが提供された場合は速やかに適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究