Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

須賀川信金、2万8041件の顧客情報を記録したマイクロフィルムを紛失

須賀川信用金庫は、2万8041名分の顧客情報が記録されたマイクロフィルムの紛失が明らかになったと発表した。

同庫によれば、紛失したマイクロフィルムは1978年7月から1995年12月までの一部で、顧客2万8041名分の氏名、残高、取引内容、顧客番号、口座番号などが記載されている。

内部調査の結果、紛失したデータのうち1万7357名分については、2001年に不要書類の整理を行った際に、焼却処分したことが判明した。残り1万684名分の紛失データについては、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同金庫では、7月8日まで専用の問い合わせ電話を設置して対応するとともに、顧客情報の管理に万全を期して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ