Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

四国銀行、顧客情報96件が記載された書類を誤交付

四国銀行は、6月1日に、96件の顧客情報が記載された口座振替処理明細報告書2枚を、誤って別の取引先企業へ交付する事故が発生したと発表した。

同行によれば、取引店名、口座番号、氏名、振替金額など96件分の顧客情報が記載された口座振替処理明細報告書2枚を、封筒への封入の際、宛名確認が不十分だったため、別の取引先企業の封筒に混入し、誤交付してしまったという。その後、6月14日に誤交付先より申し出があり、同書類はただちに返却された。

同行では、被害に遭った顧客に対し文書で謝罪しているという。また、書類などの受け渡しの際には、顧客の名前や書類の内容を再度確認するなど、顧客情報の取扱いについての遵守事項を再度周知徹底し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開