Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン、プリンタの使用履歴を監視して文書の漏洩を抑止するシステムを発売

キヤノンは、事務機の使用履歴を監視、追跡して、不正コピーなど紙文書による情報漏洩を抑止する情報管理システム「キヤノン imageWARE Job Archive System Version 1」を、2005年8月22日より発売する。

同製品は、不正コピーや不正ファクスなど、紙文書を媒体とした情報漏洩の抑止を実現する情報システム。レーザープリンタの使用履歴や、原稿のイメージデータおよびテキストデータを一括してサーバに保存するため、入出力した紙情報の内容と履歴を管理できる。また、使用履歴のデータを定期的に監視する機能も備えている。

万一紙情報が漏洩してしまった場合には、検索機能によりサーバ内の使用履歴データから漏洩経路を割り出すことができるため、迅速な事後処理が可能。価格は、最小構成時のシステム価格で1008万円。

また、関連商品として、プリント出力の履歴保存および追跡機能に特化した情報管理システム「キヤノン Report Chaser」を同日に発売する。価格は、1000ユーザーのシステム価格で1785万円となっている。

(Security NEXT - 2005/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
クラウド顧客管理システムに設定不備、調査で判明 - ホーユー