Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ゲーム「ラグナロクオンライン」が不正アクセスを受け改ざん被害

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、6月27日に同社オンラインゲーム「ラグナロクオンライン」のデータベースへ不正アクセスを受けたと発表した。改ざんの被害も発生している。

同社の調査によれば、同ゲームにおける502件のアトラクションIDとパスワードが改ざんされていたという。アトラクションIDとは各アトラクションを利用する際に必要なIDで、利用者の個人情報を管理するIDとは別のIDとなっており、個人情報への不正アクセスはなかったとしている。

今回の不正アクセスは、監視体制の強化により確認したもので、現在、原因究明の調査を進めている。対象顧客については個別に状況を報告する予定。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大