Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、企業向け不正プログラム対策ソフトを発売

アークンは、海外産および国産のマルウェアに対応する、企業向けの不正プログラム対策ソフト「AntiMalware」を、2005年7月下旬より発売する。

同製品は、海外産および国産のスパイウェア、アドウェア、ハイジャッカー、トロイの木馬やハッキングツール、ウイルス、ワームなど、合計で17万5000以上の不正プログラムデータベースを持つエンジンを搭載した企業向けのアンチマルウェアソフト。全不正プログラムに対応した「AV」タイプと、スパイウェア対策を中心に対応した「AS」タイプの2種類が用意されている。

専用のクライアント管理ツールにより、複数のクライアントに対する利用状況の確認、機能設定、検出した不正プログラムの処理、ログの収集といった一元管理が行える。また、既存のウイルス対策ソフトとの併用も可能。価格(5ユーザー分)は、「AV」タイプが3万8850円、「AS」タイプが2万8350円から。

(Security NEXT - 2005/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省