Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国でクレジットカード情報4000万件が流出 - 国内提携カードにも影響か

米国においてクレジットカード会社大手であるマスターカードをはじめ、クレジットカード情報4000万件が流出した可能性があることが明らかとなった。すでに6万8000件以上に不正使用の恐れがあるという。

マスターカードの発表によれば、カード情報を処理しているカードシステムソリューションズに不正アクセスを受けた形跡が発覚したという。米メディアの報道では、マスターカードが1400万弱、VISAカードが2200万件程度の顧客情報が流出したと見られ、6万8000件に不正使用の恐れがあるという。

国内においても提携カード会社が影響を調査しており、一部報道によれば、6500件ほどの不正使用の可能性が報告されているという。

(Security NEXT - 2005/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市