Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信金中央金庫、996件の顧客情報が記載された書類を紛失

信金中央金庫は、6月14日に803取引先、のべ996件の顧客情報が記載された書類を紛失したと発表した。

同庫によれば、紛失したのは「外国通貨・旅行小切手売却依頼書」や「購入契約書」など、外貨両替取引に伴う顧客情報803先、のべ996件が記載された書類で、氏名、住所、電話番号、通貨種類、取引金額などの個人情報が含まれていた。

同庫では、誤ってほかの廃棄物と一緒に処理してしまったとみて、ただちに廃棄物回収業者に廃棄経路を確認したところ、他の廃棄物とともに圧縮処理された状態にあることが判明したという。

同庫では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪を行うとしている。また、文書や資料管理において、役職者による関与を増やす、職員によるダブルチェックを励行するなど規程を改正して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団