Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

So-netの申込者データが流出 - マスコミに持ち込まれ発覚

ソニーコミュニケーションネットワークは、「So-net ADSLコース」の申込者データの一部が流出したと発表した。

2003年1月と同年12月の一部申込者データ364件が外部に流出したもの。データが一部マスコミへ送付されたのを受け、同社顧客データと照合したところ判明したという。

同社の説明によれば、流出データは、データベースからの流出ではなく、回線開通上の不備を通知する必要のあった申込者のリストだという。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、ユーザーID、生年月日、性別など個人情報が含まれていた。一部では内部犯行による流出の可能性もあると報道されている。

同社では、情報流出が確認された顧客に対しては、直接連絡し、謝罪する。また、専用電話を設置し、対応を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所