Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、新しい手法で感染を広げるMytobワームの亜種に警告

ソフォスは、Mytobワームの新亜種が引き続き発生しており、従来とは異なった方法で感染するものも現れているとして、注意を喚起している。

同社によれば、同ワームのほとんどは、メールに添付されたファイルを開くことにより感染するが、最新の亜種には、ワームのコピーをダウンロードさせる悪質なウェブサイトに誘導するなど、フィッシング詐欺で使用される手法で感染させようとするものもあるという。

受信者のIT部門やISPなどを送信元とする正規のメールを装い、ユーザーのメールアカウントにセキュリティ上の問題があるとして、記載されたリンクをクリックしてアカウントを確認するよう促す。メッセージには受信者のドメイン名とメールアドレスが記載され、正当なものであるように見せかける場合もあるという。

同社では、同ワームの亜種は今後も発生し続け、感染も広がると考えられるとして、ウイルス対策ソフトで保護するとともに、不審なメールの添付ファイルやリンクなどには十分注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器