Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤナセ、個人情報88件が車上荒らしで盗難被害に

ヤナセは、5月28日に北関東営業本部戸田支店の社員が車上荒らしの被害に遭い、個人情報が記録されたアドレス帳などを含むアタッシュケースを盗まれたと発表した。

同社によれば、盗難にあったアドレス帳には、名前や住所、電話番号など75件の顧客情報が記録されていたほか、領収書控え12件、名刺1枚などが入っていたという。

被害当日に28日に警察へ被害届を提出。また該当する顧客に対して事情を説明し、謝罪、二次被害防止を呼びかける文書を送付した。

同社では、再発防止策として、個人情報の持ち出しの制限や持ち出す際の常時携帯を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター