Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融やISMS認証取得企業のサイトにも脆弱性 - ラック調査

ラックは、ホームページの脆弱性状況をまとめたレポート「ホームページからの情報漏洩に対する脅威の現状」を公開した。

同レポートは、同社のコンピュータセキュリティ研究所が122社を対象に実施したウェブアプリケーションの検査の結果や、約200社を対象としたセキュリティ監視、実際の個人情報漏洩事件の結果などをまとめたもの。

同レポートによれば、ほとんど全てのウェブサイトにおいて何らかの脆弱性が発見されたという。クロスサイトスクリプティングが67%と最も多く、セッションの管理不備も61%あったという。情報漏洩の可能性があるインジェクション系の不備も約4割あった。

金融やネットショップといったサイトにもこれら脆弱性があり、利用者に深刻な被害をもたらす可能性があるとして注意を促している。また、プライバシーマークやISMSを取得している企業においても、多数脆弱性が見つかったとしている。

攻撃の標的は、6割以上がウェブサービスを対象としたもので、ウェブアプリケーションに対する攻撃も増加傾向にあるという。攻撃ツールの流通や、一般的なサーバのセキュリティが向上し、脆弱性が減少傾向にあることなどがウェブアプリケーションへの攻撃増加に関係しているのではないかと結論づけている。

(Security NEXT - 2005/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て