Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本の違法コピー損害額は世界ワースト6位 - BSA調査

ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は、2004年度におけるコンピュータソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第2回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。

同発表によれば、日本における2004年の違法コピー率は、前年比1ポイント減の28%と世界で8番目に低いものとなった。しかし損害額は約1900億円と前年を上回り、世界ワースト6位という結果になった。また、全世界の違法コピー率は前年比1ポイント減の35%、同損害額は約3兆5000億円だった。

今回の結果を受け、BSA日本共同事務局では、コンピュータ・ソフトウェア著作権協会と共同で実施している「ソフトウェアライセンス再点検全国キャンペーン」の結果を見極めながら、さらなるソフトウェアの著作権保護の促進を展開するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所