Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、機密保護と情報共有を両立させる機密管理ソリューションを発売

三菱電機は、社内外に配布した文書の機密を守りながら情報の共有を可能にする企業機密管理ソリューション「DROSY Enterprise Edition」を、4月28日より発売する。

同製品は、漏洩対策が必要な文書を、付与されたルールでのみ利用可能な保護文書とし、その利用状況を操作ログとして管理することにより、文書の機密保持と情報共有を両立させるシステムを構築するもの。

利用ルールは、閲覧だけではなく編集、コピー、保存、印刷の可否などを文書ごと、利用者ごとに設定できる。また、業務委託先などに開示し手元を離れた文書も、開くたびに管理サーバに利用ルールを確認されるため、不正な利用を防止することができる。価格は、462万円から。

(Security NEXT - 2005/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多