Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、機密保護と情報共有を両立させる機密管理ソリューションを発売

三菱電機は、社内外に配布した文書の機密を守りながら情報の共有を可能にする企業機密管理ソリューション「DROSY Enterprise Edition」を、4月28日より発売する。

同製品は、漏洩対策が必要な文書を、付与されたルールでのみ利用可能な保護文書とし、その利用状況を操作ログとして管理することにより、文書の機密保持と情報共有を両立させるシステムを構築するもの。

利用ルールは、閲覧だけではなく編集、コピー、保存、印刷の可否などを文書ごと、利用者ごとに設定できる。また、業務委託先などに開示し手元を離れた文書も、開くたびに管理サーバに利用ルールを確認されるため、不正な利用を防止することができる。価格は、462万円から。

(Security NEXT - 2005/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意