Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンループ、937名分のスタッフ情報入りパソコンが盗難被害

オープンループは、4月23日に東京都内で業務用ノートPCが盗難に遭い、同社登録スタッフや研修参加スタッフの情報など、個人情報を紛失したと発表した。

同社によれば、同社社員が帰宅途中にノートPCを入れた鞄を電車内の網棚上に置き、盗難被害に遭ったという。盗難発覚後、警察やJRへ被害を届け出ているが、鞄、パソコン、いずれも発見されていない。

ノートパソコン内に保存されていた情報は、出退勤管理表および採用後の研修決定者リストなどで、氏名、携帯電話番号、携帯メールアドレス、出退勤管理状況など、登録スタッフや研修参加スタッフなど937名分の個人情報が含まれていた。同社では、該当スタッフへ個別に連絡し、謝罪、事情説明を行っているという。

同社では、今後の再発防止策として、個人データが保存されている業務用パソコンの社外持ち出しを原則禁止するほか、事前承認制による管理運用を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック