Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンループ、937名分のスタッフ情報入りパソコンが盗難被害

オープンループは、4月23日に東京都内で業務用ノートPCが盗難に遭い、同社登録スタッフや研修参加スタッフの情報など、個人情報を紛失したと発表した。

同社によれば、同社社員が帰宅途中にノートPCを入れた鞄を電車内の網棚上に置き、盗難被害に遭ったという。盗難発覚後、警察やJRへ被害を届け出ているが、鞄、パソコン、いずれも発見されていない。

ノートパソコン内に保存されていた情報は、出退勤管理表および採用後の研修決定者リストなどで、氏名、携帯電話番号、携帯メールアドレス、出退勤管理状況など、登録スタッフや研修参加スタッフなど937名分の個人情報が含まれていた。同社では、該当スタッフへ個別に連絡し、謝罪、事情説明を行っているという。

同社では、今後の再発防止策として、個人データが保存されている業務用パソコンの社外持ち出しを原則禁止するほか、事前承認制による管理運用を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分