Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、メールの信頼性を向上させる電子証明書を提供

日本ベリサインは、企業を対象に、メールへの電子署名を行うための電子証明書「ベリサイン セキュアメールID」の提供を開始した。

同サービスは、メールへの電子署名を行うことにより、送信元のなりすましを防ぎ、受信者である顧客や関係企業をフィッシング詐欺などから保護するもの。同サービスにより電子署名を付与されたメールの受信者は、送信元の実在性が同社によって認証された企業であること、およびメールの内容が通信途中で改ざんされていないことの確認が行える。

価格は、1年間で18万5850円となっている。また、サン電子、東洋テクノ、ホライズン・デジタル・エンタープライズより、同サービスに対応したメールサーバに、電子署名機能を付加する製品が提供される予定。

(Security NEXT - 2005/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス