Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームサービスがDDoS攻撃の標的に

スクウェア・エニックスは、4月9日より発生しているプレイオンラインネットワークにおける障害の原因が、サーバ群をねらったDDoS攻撃によるものであることが判明したと発表した。

同社によれば、今回発生した障害の原因は、不特定な第三者による同社プレイオンラインサーバ群をねらった、DDoS攻撃であると判明した。その後、対策を講じているが、手段を変えて攻撃が断続的に続いており、現時点で完全な解決の見込みはたっていないという。

IPアドレスの偽装により攻撃元が特定できないため、インターネット接続事業者と協力して調査を進めている。さらに日本、米国および欧州の各拠点において、警察当局に被害状況を通報したという。

同社では、ユーザーに対して謝罪するとともに、ネットワーク機器の増強を含めた、より高い効果が見込まれる対策を実施して、安定したサービスの提供に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース