Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認定個人情報保護団体が個人情報を漏洩 - メール送信ミスで

日本データ通信協会は、4月12日にメールの送信ミスにより関係事業者の担当者の個人情報が漏洩したと発表した。

今回のミスは、メールを送付する際、それぞれのメールアドレスを確認できる形式で送付したもの。メールは関連事業者の担当者30名に送り、氏名、会社名、メールアドレスといった個人情報が含まれていた。

同協会では、該当する担当者に対し、状況を報告、謝罪したという。また、着信電子メールの削除とメールアドレスの変更を要請したという。

同協会は、同日に総務省管轄下における電気通信事業分野の認定個人情報保護団体に認定されたばかりだった。

認定個人情報保護団体では、苦情や相談の受付といった業務を提供している。

(Security NEXT - 2005/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
iOS向けLINEアプリの「金融系モジュール」に脆弱性 - アップデートで修正済み
能登半島地震被災地域の登録セキスペ、登録更新申請期限迫る
添付ファイルと宛先の確認不足が重なる誤送信が発生 - 大塚商会
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
WP向け操作ログ記録プラグインにSQLi脆弱性 - パッチ未提供
グリコでシステム障害、冷蔵食品を出荷停止 - 再開は5月中旬予定
2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減
教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
「Node.js」向けMySQLクライアントにRCE脆弱性