Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティ市場の中心は、外部攻撃防御型から内部漏洩防止型に - 民間レポート

ミック経済研究所は、情報セキュリティソリューション市場を対象としたマーケティングレポート「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2005」を発刊した。

同レポートは、主要セキュリティ製品ベンダー、セキュリティサービスベンダー、総合ITベンダー60社を調査対象に、各社のセキュリティ関連製品の出荷金額を集計したもの。2003年度から2005年度、および2009年度までの中期予測を含めた分析も行っている。

同レポートによると、情報セキュリティソリューション市場は、2003年度が620億円弱、2004年度が前年対比35.8%増の841億円、2005年度が前年対比33.8%増の1125億円になると予想される。

市場の中心は依然として、アンチウイルスや不正侵入検知といった外部からの攻撃を防御する製品だが、個人情報保護法の全面施行により、監視、制御系パッケージや暗号系パッケージを始めとする内部漏洩防止型市場が急成長しているという。

同レポートの価格は、A4版642頁のバインダー製本で19万9500円。CD-ROM版は、39万9000円。セット価格は56万4900円となっている。

(Security NEXT - 2005/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県