Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月はウイルスや不正アクセスが増加傾向に - IPA報告

情報処理推進機構は、3月度のコンピュータウイルス、不正アクセスの届出状況をまとめ、公表した。

3月のウイルス届出件数は、2月の4150件から16.8%の増加し、4,846件だった。検出数も6.5%増加し、約262万個だった。前月同様「W32/Netsky」の届出が最も多く、1262件で、13カ月連続で1000件を突破。「W32/Bagle」が484件、「W32/Mydoom」が399件と続いている。

3月は、Windowsのセキュリティホールによりネットワーク経由で感染する新種ウイルスW32/Mytobが登場、亜種も20種類以上出現している。また、スパイウェアについても多数出回っており、感染しないよう対応ソフトをインストールしたり、不審なウェブサイトへのアクセスなどを避けるよう注意を促している。

3月の届出件数は59件と2月の63件と比較して約6%の減少したが、一方で被害届出件数は14件と2月の9件より増加した。不正侵入が9件で、ウェブサーバが乗っ取られ、フィッシングに悪用された被害事例もあったという。

(Security NEXT - 2005/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も