Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、ウェブサイトのリアルタイム監視サービスを提供開始

NTTコミュニケーションズは、ブロードバンド対応コンテンツ配信サービス「Broadband CDN powered by Akamai」において、ウェブサイトのリアルタイム監視機能「Webサイト見張り番」の提供を開始した。

同サービスは、ユーザーのウェブサイトのパフォーマンスを、エンドユーザーレベルで24時間365日監視するもの。過去から最新までの監視状況や測定データを、専用のポータルサイトで確認できるほか、エラーの原因やパフォーマンス低下のボトルネックの診断、どこで遅延やトラブルが生じているかを分析する。

また、正しい応答が返されない場合や、レスポンスタイムが遅くなった場合には、メールでアラーム通知を行う。価格は、工事費が9万4920円から。利用料が1トランザクション当たり、月額1万4280円となっている。また、2005年7月31日まで、新規申込者を対象に、一部利用料金が無料になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2005/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象