Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、一般ユーザー向けにセキュリティ情報を提供するサイト開設

日本ベリサインは、一般ユーザー向けに、フィッシング詐欺対策や個人情報の守り方といった、オンラインのセキュリティ情報を提供するサイト「VeriSign Secured」を開設した。

同サイトは、個人情報の流出やフィッシング詐欺といった、インターネット上でのセキュリティに関する脅威から身を守るための、知識や情報を提供するもの。最新の情報をもとに、インターネットを活用する際の注意点を解説する。

フィッシング詐欺、IDの不正使用、なりすましなど最新のオンライン犯罪に関する手法について説明するほか、ショッピングサイトが本物のサイトであるか確かめる方法など、オンラインショッピングの際の注意点についても説明している。

(Security NEXT - 2005/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新