Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ信託、業務委託先で個人情報を紛失

みずほ信託銀行は、同行の計算業務を行う子会の社東京情報センターが、内部管理資料の発送業務を委託しているインフォメーション・ディベロプメントにおいて、個人情報が含まれる資料を紛失したと発表した。

同資料は「COM」と呼ばれ、専用機にて閲覧するという。同行本店、福岡支店、鹿児島支店において2005年2月に取引があったのべ6891件の顧客情報が保存されており、口座番号、取引情報、残高などが個人情報が含まれていた。ただし、氏名、住所、生年月日といった情報は含まれていなかったとしている。

(Security NEXT - 2005/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ