Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバルームの安全性診断サービス - NTT西日本

西日本電信電話とエヌ・ティ・ティ ファシリティーズは、サーバルーム環境の安全性や信頼性について、専門の調査員が総合的に診断する「サーバルーム環境診断サービス」を、2005年3月28日より提供開始する。

同サービスは、専門知識を持つ調査員が、企業や自治体に設置されたサーバルーム環境の安全性について、通信ネットワークの信頼性やセキュリティ対策にくわえ、電源、空調システム、耐震性などのファシリティも含む約50項目について診断、分析するもの。

診断所要時間は4時間程度で、費用は30万円から。また、先着100社に無料で提供するサービスも実施する。

(Security NEXT - 2005/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社