Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ・テクノロジ、ログ検査とレポート作成を自動化する製品を発売

エンカレッジ・テクノロジは、パソコンの操作記録を自動検査し、違反行為を抽出してレポートを作成するセキュリティ製品「ESS REC Auditor」を、3月下旬より発売する。

同製品は、パソコン操作を記録するソフトウェア「ESS REC」で収集した記録データの中から、セキュリティポリシーに違反する行為を検索し、レポートを自動作成するもの。セキュリティ管理者は、定期的に送られる結果レポートを検査することにより、情報漏洩や不正操作を予防できる。

多彩な書式のレポートを作成することができ、報告先やレポートの主旨に応じてカスタマイズが可能。また、検索やレポートの作成は、定期スケジュールとして時刻や曜日などを細かく設定できる。価格は、1ライセンスで92万円(税別)となっている。

(Security NEXT - 2005/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出