Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、2月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2005年2月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、2004年末に現れたワーム「Zafi-D」が報告数の30.8%を占め、3カ月連続で1位となった。2月のトップ10は古いウイルスが大半を占め、新しく発生したウイルスは「Bagle-BK」と「Sober-K」の2つだけに留まった。

特に「Sober-K」は2月末に発生したばかりのワームで、3月も引き続き拡散するとされている。同ワームは、FBIからの偽メールや著名人の極秘ビデオに関するメールを装って、添付ファイルを開かせようとする。

同社では、2月に1295件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、2月に使用されたメールのうち3.54%以上がウイルスメールで、これは先月より若干低い数値だという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-D
W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Bagle-BK
W32/Netsky-D
W32/Netsky-Z
W32/Sober-K
W32/Sobig-F
W32/Netsky-B
W32/MyDoom-O

(Security NEXT - 2005/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を