Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsアプリケーションの認証情報を保管して自動ログイン - アラジン

アラジンジャパンは、セキュリティデバイスにより各種Windowsアプリケーションの認証情報の保管、自動ログインを実現する「eToken SSO」を発売した。

同ソリューションは、WindowsアプリケーションのID、パスワードといった認証情報をセキュリティデバイスであるeTokenに保管するとともに、ログイン画面への自動入力を可能にするもの。保管された認証情報は、eTokenのセキュリティ機能により保護される。また、暗号化によるバックアップも可能。

さらに、管理者による認証情報の細かな制御が可能なため、組織のセキュリティポリシーに即した運用と管理を行うことができる。価格は、10ユーザー用導入パックで14万8900円となっている。

(Security NEXT - 2005/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響