Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとA&Iがセキュリティ事業で提携

ラックとエー・アンド・アイシステムは、情報セキュリティサービス事業の拡大を目指し、業務および資本関係において提携したと発表した。

ラックは今回の提携を契機に、エー・アンド・アイからSE人材支援を受け、人材リソースの充実を目指し、検査、コンサルティング、監視、構築といった総合的なセキュリティサービスを提供する。また、データベースセキュリティ技術を核としたSI事業とセキュリティ事業の融合によるシステムソリューションなど、新たなサービスの供給体制の拡大を目指す。

エー・アンド・アイは、システムインテグレーションにおけるセキュリティ強化対策や情報漏洩防止対策など、広範囲なサービス提供を実現したいとしている。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを