Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立アドバンスト、情報漏洩対策機能を強化したメールサーバソフトを発売

日立アドバンストデジタルは、送信先制限機能や添付ファイル利用制限機能などにより、情報漏洩のリスクを軽減するウェブメールサーバソフト「GraceMail AS」を発売した。

同ソフトは、業務内容や職務権限などの属性ごとに利用者をグループ分けし、それぞれのグループ単位に「送信先制限」や「添付ファイル利用制限」を設定する機能を持つ。これらの機能により、メールアドレス入力ミスやデータの持ち出しによる情報漏洩のリスクが軽減できるという。

また、パスワードの設定および変更権限を管理者に限定することで、利用者の安易なパスワード設定による事故を防ぐことも可能。価格は、3グループ1サーバで52万2900円から。

(Security NEXT - 2005/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も