Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ソーシャルネットワークサービス「GREE」に脆弱性 - 現在は修正

グリーは、同社が提供するソーシャルネットワークサービス「GREE」に脆弱性があり、特定の環境下において第三者が登録者の氏名、ニックネーム、電子メールアドレスが閲覧できる状況にあったと発表した。現在、問題は修正され、解決しているという。

今回の脆弱性は、同サービスから送付される参加招待メールに記載されたURLを改変することにより、関係ないユーザーの氏名やニックネーム、メールアドレスなど、個人情報を確認できる可能性があったという。ユーザーから指摘を受けたもので、同社ではプログラムの修正を実施、現在問題は解決している。

同問題は、招待状を送付し、招待したユーザーの登録を待っているユーザーと招待され、未登録となっていたユーザーに影響があったため、同社では2月14日までに送付された招待メールをすべて無効とした。また、脆弱性を利用した成りすましによる登録は困難だったとしている。

GREE
http://www.gree.jp/

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック