Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレイオンラインの偽装サイトに注意を喚起 - スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは、「ファイナルファンタジーXI」などのネットワークゲームを提供するプレイオンラインの公式ウェブサイトを装って虚偽のログイン認証画面に誘導し、IDおよびパスワードを盗用する不正行為が発覚したと発表した。

同社によれば、不正を行っていた会員を発覚直後に強制退会処分としたほか、公的機関に被害届を提出し、捜査の要請を行った。また、偽装ウェブサイトはすでに削除されていることを確認したという。

同社では、プレイオンラインパスワードをゲーム内やメール、電話などで尋ねることはないとしている。またIDやパスワードを入力する場合には、「playonline.com」ドメインのウェブページであることを確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック