Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの登録情報は4月以降も公開

日本レジストリサービスは、JPドメイン名登録管理サービスを4月1日より個人情報保護法に対応させると発表した。

同社では、ドメイン登録者情報の公開について、「集中的な管理構造を持たないインターネットにおいて必要不可欠」としており、4月以降も公開原則を維持する。個人情報保護法対策として、第三者への提供など情報の取り扱い方法を明らかにし、ドメイン登録者の情報開示について利用目的など文書で公開する。

また、従来同社とJPNICが一部共同でWhois情報を提供する場合があったが、今後は、同社のみ登録情報を公開する予定。

(Security NEXT - 2005/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ