Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの登録情報は4月以降も公開

日本レジストリサービスは、JPドメイン名登録管理サービスを4月1日より個人情報保護法に対応させると発表した。

同社では、ドメイン登録者情報の公開について、「集中的な管理構造を持たないインターネットにおいて必要不可欠」としており、4月以降も公開原則を維持する。個人情報保護法対策として、第三者への提供など情報の取り扱い方法を明らかにし、ドメイン登録者の情報開示について利用目的など文書で公開する。

また、従来同社とJPNICが一部共同でWhois情報を提供する場合があったが、今後は、同社のみ登録情報を公開する予定。

(Security NEXT - 2005/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用