Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、IDSを利用したセキュリティ検針サービスを提供

NTTコミュニケーションズは、「セキュリティ検針」サービスを3月から提供開始すると発表した。1月31日より申し込みを受け付ける。月額利用料は13,4400円から(別途初期費用必要)。

同サービスは、不正侵入検知システム(IDS)を顧客ネットワーク内に設置、内部の不正使用や外部からの攻撃を監視するもの。IDSで収集したログは、同社のセキュリティオペレーションセンターにて解析、脅威レベルが数値化され、顧客はウェブサイトにて確認できる。

また、ウイルスが多発するなど緊急時には電話やメールで通知し、アドバイスや対策支援を行う。さらに、自治体に対しては、総合行政ネットワーク(LGWAN)経由でIDS監視,情報提供などのサービスを提供する。

(Security NEXT - 2005/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み