Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジベリーとE3が協業 - クライアント管理ソフトに監視ソフトをオプションで

E3ネットワークスとデジベリーは、個人情報保護ソリューションの提供で協業すると発表した。

E3では、従来より仏Cristonが開発したクライアント管理ツール「VISION64」のオプションとしてデジベリーのクライアントPCの操作を記録、解析するソフトウェア「Track4Win」の提供を行う。

「Track4Win」では、クライアントPCの利用状況を自動記録でき、ユーザの活動やアクセスをリアルタイム監視可能。スクリーンキャプチャ遠隔取得機能やタスクマネージャ内非表示対応、グラフ表示およびレポート機能などを搭載している。

(Security NEXT - 2005/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ