Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、リモート管理ソフト「pcAnywhere」のセキュリティ機能を強化

シマンテックは、リモートコントロールツール、pcAnywhere の最新版「同11.5 」を発表、1月21日よりパッケージ版の販売を開始する。

同社によれば、今回のバージョンでは、連邦情報処理規格(FIPS)140-2(レベル 1)の認証を取得した AES 暗号化の採用により、官公庁や金融機関に要求される厳しい基準にも対応が可能だという。さらにホストアドレスブロッキング、デフォルトでのログイン情報暗号化といった機能の他、多数セキュリティ機能が追加となった。

また、Windows、Linux、Windows Pocket PC、Pocket PC Phone Editionなど、幅広いプラットフォームに対応している。

(Security NEXT - 2005/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施