Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、リモート管理ソフト「pcAnywhere」のセキュリティ機能を強化

シマンテックは、リモートコントロールツール、pcAnywhere の最新版「同11.5 」を発表、1月21日よりパッケージ版の販売を開始する。

同社によれば、今回のバージョンでは、連邦情報処理規格(FIPS)140-2(レベル 1)の認証を取得した AES 暗号化の採用により、官公庁や金融機関に要求される厳しい基準にも対応が可能だという。さらにホストアドレスブロッキング、デフォルトでのログイン情報暗号化といった機能の他、多数セキュリティ機能が追加となった。

また、Windows、Linux、Windows Pocket PC、Pocket PC Phone Editionなど、幅広いプラットフォームに対応している。

(Security NEXT - 2005/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多