Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム防止のためiモードメールのヘッダ情報を公開 - NTTドコモ

NTTドコモグループは、3月24日より、希望者に対してiモードメールのヘッダ情報を負荷するサービスを開始する。

従来は、ヘッダを取得するのに約10日間程度必要としていたが、今回のサービス拡充により、即時入手可能となる。ヘッダ情報によりメールの送信経路などがわかるため、NTTドコモでは同サービスを迷惑メールの根絶に役立つとしている。

なお、今回のヘッダ情報提供機能の拡充に伴い、「iモード情報受付デスク」の提供は3月24日をもって終了となる。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
「Microsoft Edge」が脆弱性2件を修正 - Chrome修正で言及なかった脆弱性
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
「ビズアップ総研オンラインショップ」に不正アクセス - クレカ情報が流出
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア