Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、スパイウェア対策ソフトのベータ版を配布開始

Microsoftは、スパイウェア対策ソフト「Microsoft Windows AntiSpyware」のベータ版を公開した。

同ソフトは、インターネットセキュリティのソフトメーカーであるGIANTを同社が買収、開発されたもの。PCを検査し、スパイウェアなどの偽装ソフトウェアを発見し除去するための機能が提供される。

対応OSは、Windows 2000、同XP、同Server 2003。300 MHz以上で動作するプロセッサー、および64 Mバイト以上の空きメモリが必要。

(Security NEXT - 2005/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド