Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、2004年のウイルストップ10と今後の傾向を発表

マカフィーは、2004年の全世界の企業および個人ユーザーに危害を及ぼしたウイルスのトップ10と、今後の傾向を発表した。

同発表によれば、企業ユーザーにおいては、別のソースからのコマンドに応答する自動プログラム「bot」と大量メール送信型ウイルスが脅威の主流で、特に「bot」は引き続き増加すると予測している。同社によれば、現在7000以上の「bot」が存在し、週150から200のペースで増加している。ユーザーのシステムにスパイウェアをダウンロードする「bot」が最近の傾向だという。

個人ユーザーでは、脆弱性を利用したプログラムやスパイウェアが、確認されたウイルスの60%以上を占めていた。2004年に発見された脆弱性は2800を超え、脆弱なシステムを利用した攻撃は380以上で、前年と比較して約50%増加した。同社では、修正パッチのあたっていない個人ユーザーのシステムを利用したハッカー攻撃は今後も続くため、この数字はさらに増えるとしている。

また同社では、フィッシング詐欺や個人情報盗難の懸念が拡大傾向にあるとしている。特にウイルスがフィッシング詐欺などのコンテンツと組み合わさることによって、被害が増加する恐れがあるという。

同社では、これらのウイルス、悪質プログラムに対処するため、最新のウイルス定義ファイルの使用、最新の修正プログラムのインストール、最新のスパムフィルタの使用といった、重層的な手法での検知および防御を求めている。

2004年のトップ10ウイルスは以下の通り(アルファベット順に記載)。

Adware-180
Adware-Gator
Exploit-ByteVerify
Exploit-MhtRedir
JS/Noclose
W32/Bagle
W32/Mydoom
W32/Netsky
W32/Sasser
W32/Sdbot(sdbot、gaobot、polybot、spybotを含む)

(Security NEXT - 2005/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多