Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、情報セキュリティの専門家を育成する教育プログラムを提供

コンピュータ・アソシエイツは、情報セキュリティのプロフェッショナルを育成する教育プログラムを、2005年春より提供開始する。

同プログラムは5つのコースで構成される。CISSP資格の取得を目的とした「CISSP 10ドメインレビュー オフィシャル・セミナー」を始め、情報マネジメントの英国規格BS7799について基本から総合的に学ぶ「BS7799基本コース」、ISMS審査員の資格取得を目指す「ISMS審査員コース」がある。

また、ISMS内部監査員資格の取得を目指す「ISMS内部監査員コース」、ISMSの導入方法を紹介するとともに、導入するためのより実践的な手法を学ぶ「ISMS導入実践トレーニング」が提供される。申し込み方法および各コースの詳しい内容は、同社のウェブサイトにて紹介されている。

(Security NEXT - 2004/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス