Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクBBがメール保管監視ソリューションを採用

イキソスソフトウェアは、同社の電子メール保管、監査ソリューション「IXOS-eCONserver for MS Exchange」が、ソフトバンクBBにおいて採用され、5000ユーザーに導入されたと発表した。

同ソリューションは、企業の送受信メールを添付ファイル、BCC情報も含め、改ざんできない形で長期にわたってアーカイブ保管するもの。情報流出などの問題が起こった場合には、迅速な内部監査や問題追跡を行うことが可能。

ソフトバンクBBでは「情報セキュリティ委員会」が設置され、徹底した情報セキュリティ管理の強化とシステム構築が進められている。その中で、情報流出の原因となる危険性が高い電子メールの統制管理、および内部監査の強化策として、同ソリューションが採用されたという。

(Security NEXT - 2004/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正