Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズ、企業向けのメールフィルタリングサービスを提供開始

サイボウズは、企業宛ての迷惑メールを排除するASP型サービス「サイボウズ 迷惑メールブロックサービス」の提供を開始した。

同サービスは、ユーザーのメールサーバでメールを受信する前に、データセンターで迷惑メールを排除するもの。メールサーバの手前でフィルタリングするため、サーバの負荷が軽減される。

あらかじめ設定した判断基準をもとに迷惑メールを自動的に判別、振り分ける「学習型フィルター機能」により、ユーザーごとの迷惑メールの特徴を学習する。フィルターの精度が向上することにより、日々更新される多様な迷惑メールに対応できる。

初期費用は2万1000円。2005年2月28日までの「イライラすっきり!迷惑メール撃退キャンペーン」期間中に申し込むと、初期費用が無料になる。月額費用は、5アカウント1575円から。

(Security NEXT - 2004/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
不正購入などと不安煽る「LINE Pay」のフィッシング - メディア記事の無断転載も
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース