Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルシー、IE以外のブラウザでも規制可能なURLフィルタリングソフトを発売

アルプス システム インテグレーションは、URLフィルタリングソフト「InterSafe Personal」を12月13日より発売する。価格は、ダウンロード版が4410円。パッケージ版が6090円。

同ソフトは、有害サイトの閲覧を遮断するURLフィルタリングソフト。ブラウザに依存せずに通信層を監視しているため、Netscape、Mozilla、OperaといったInternet Explorer以外のブラウザでも規制することができる。

25のメインカテゴリー、および76のサブカテゴリーに分類したデータベースが約2700万件登録されており、規制したいカテゴリーを自由に設定できる。また、複数人で1台のPCを利用する場合、ユーザーごとにフィルタリングルールの設定を変更することが可能。

なお、ダウンロード版は、シーイーシーの運営するサイト「ソフトダイレクト・ドットコム」から提供される。

(Security NEXT - 2004/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件