Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村総研、個人情報保護の社内教育で活用できるASPサービス

野村総合研究所は、イー・コミュニケーションズが開発した従業員モラル向上のためのASP型テスティングサービス「コンプライアンス診断 Vol.1個人情報保護法」を12月より提供開始する。

同サービスは、企業内部における情報漏洩対策として、テスト形式の訓練を提供するもの。社員のセキュリティに関する知識やモラルを向上に利用できる。企業法務のエキスパートが問題を作成しており、知識の向上だけではなく、日常業務における社員の行動教育に適した内容となっている。

診断テスト終了と同時にテスト結果を確認することができ、受験者には、5段階に分類された評価レベルで現在の位置と今後の行動指針が示される。管理者側においては、診断テスト結果履歴の閲覧や抽出が可能。

受験料は、基本的なセットの場合1ユーザーあたり5000円。

(Security NEXT - 2004/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー